ワーゲン エンジンTSI スーパーチャージャークラッチ

島村オートの最新情報

BLOG / お知らせ

ワーゲン エンジンTSI スーパーチャージャークラッチ

POSTED ON・
Warning: Use of undefined constant Y年n月j日 - assumed 'Y年n月j日' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /usr/home/mw2pa8jrk3/www/htdocs/wordpress/wp-content/themes/Simplism2018/single.php on line 29
2019年12月14日 / CATEGORY・整備


こんにちは、

整備の関根です。

今回は、修理のお話をさせて頂きます。

ワーゲンのTSIエンジン

これは、燃費の良い排気量の小さいエンジンを載せ、

パワー不足をターボ&スーパーチャージャーで補う、

イマドキのエンジン!

今回は、エンジンチェックランプが、点灯した為の入庫。

診断機でのエラーコードは、スーパーチャージャークラッチの故障でした。

現車のクラッチを確認すると、水漏れも確認できました。

 

矢印の所に、クラッチがあります。

このクラッチなぜ、水が出てくるのか?

それは、クラッチと冷却水を回しているウォーターポンプとが、

一体になっているから~

これが、クラッチ&ポンプです。

エンジンが、動いている時は、ポンプのみが動いて、スーパーチャージャー側は、

空転しています、そして、スーパーチャージャーが作動する時に、クラッチに電気か流れ

電磁クラッチがロックして、スーパーチャージャーが作動します。

 

故障の原因は、ガタツキから水がクラッチ側に回ってしまい電磁クラッチがショートし

チェックランプを点灯させたと思われます。

作業途中の写真ですが、ここまで来るのにも

いろいろと大変でして、中でも、S/Cカバーを取るのは・・・

外したパーツは軸にも、ガタツキが確認できました。

新しいパーツに交換して元に戻して完了!

文字にすると、一行ですが、

この中に沢山の作業が凝縮されてます。

作業中、いっぱい工具も使ったなぁ~

 

 

おしまい。

 

 

© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.