2019 5月 11

2019年5月11日一覧

点検・整備の内容 3

POSTED ON・2019年5月11日 / CATEGORY・整備

こんにちは、整備の関根です。

今回も、ブレーキ系の点検内容の紹介です。

ブレーキキャリパー&ドラムブレーキの整備が出来ましたら、

ブレーキフルードの交換を行います。

クルマのブレーキは、ブレーキペダルを踏んだ力をこのブレーキフルードの油圧で、キャリパーやドラムブレーキに力を伝えている、大切なフルード(オイル)です。

このフルード!弱点がありまして、空気中の湿気を吸収して、性能が劣化していまい、フルードの中に気泡が出来やすくなり、ペダルの踏んだ感じが甘くなったりブレーキの効きも悪くなったりします。

なので!

定期的な交換が必要になります。

交換方法

ブレーキマスターシリンダー(踏力を油圧に変えてる部品)にフルードタンクが有るので、新しいフルードをセットします。

そして、二人一組でブレーキペダルを踏む者と、ブレーキから古いフルードを抜く者でフルード交換を行っていきます。

最近では、機械で圧力かけて交換する物もありますが、

これは、昔ながらの交換方法。

ブレーキフルードを抜く場所は、フロント2ヵ所・リア2ヵ所の

計  4ヵ所あり、全ヶ所順番に作業していきます。

最後にタンク内のフルードを規定量に合わせてフルード交換完了です。

ブレーキフルードは2年間で、結構劣化しています。ぜひ、車検時には交換しておきたいフルード(オイル)ですね。

これ以外にも、ブレーキフルードの漏れやブレーキホース異常なども、

点検整備の内容です。

 

 

フルードって?作動液のことで、主成分がアルコールの為

オイルではなくフルードって呼ぶらしいです!


© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.