2019 12月

2019年12月一覧

エクスプローラー スタビライザーリンク

POSTED ON・2019年12月25日 / CATEGORY・整備

エクスプローラーで、最近多く作業している物

フロント スタビライザーのリンク交換

走行中、小さいギャップで、カチカチと音がしたら、

怪しんでもいいかも!

 

ピント外れていますが、ゴムの部分が無くなっています。

この状態では、金属同士が当たってしまい異音が出てしまいます。

取り外した部品と新品です。

ヘタリ・割れとブッシュは、ボロボロになってます。

下側のブッシュは無くなっています。

左右とも、新品に交換して、終了です。

ゴムパーツは、消耗品的な部品なので、ある程度の時間と距離が経ったら

交換になる物なんでしょうね。

 

ハンドルを、全開に切ってタイヤの脇から、覗いて見るとスタビリンクを、

確認する事が出来るので、走行中にカタカタやカチカチと異音がする様なら、

一度、確認してもいいかも。

 

整備   関根

 

おしまい。

 

 


セレナ オートマ・バルブボディ交換

POSTED ON・2019年12月24日 / CATEGORY・整備

こんにちは、

整備の関根です。

今回は、日産セレナのお話!

お客様から、『走行中の変速時にギアが中々入らずに空走して、走っている感じが時々ある。』

との事で、ご入庫して頂きました。

まずは、外部診断機で故障コードが、車に残っていないかしらべます。

 

故障コード 有りました   Po776

バルブボディのソレノイドバルブの故障コードです。

バルブボディとは、オートマチックの油圧を制御してギアの変速をしている部品です。

変速をしている部品の故障ですから、ギアチェンジの異常と関連性は、ありそうですね。

また、イロイロ調べると、セレナ!

この故障、多そうで・・・

オートマチックの下

オートマオイルパンを外すと、バルブボディが出てきます。

今回は、バルブボディ全部を交換します。

ご購入時に、故障時の保障に加入されていたので、保障修理で全部交換

お客様の負担無く、修理させて頂きました。

オートマオイルを規定量いれて終了!

 

バルブボディASSY

オートマオイルフィルタ

オートマオイル

ガスケット&パッキン

以上を交換させて頂きました。

実費なると、中々の料金になる修理でしたので(部品代だけで10万円位掛かります)

本当に修理保障加入されていて良かったですね。

 

おしまい。

 

 


ハイエース リーフ増し

POSTED ON・2019年12月21日 / CATEGORY・整備

こんにちは、

整備の関根です。

今回は、ハイエースの整備です。

内容は、お仕事で使用しているハイエース

荷物を沢山載せて使用していると、お尻が下がり過ぎる為

リーフスプリングと言う板バネを、一枚増やし、尻下がりを解消させる整備。

まずは、現状の写真なんですが、

 

すみません。

全体の、写真 取り忘れてしまいました。

地上からリアフェンダーまでの高さ

リーフスプリングの束をバラして、一枚スプリング挟んでいきます。

リーフスプリング増し  完了!

 

まだ、馴染んでいませんので、もう少し下がると思いますが、

大分、上がりましたね。

乗り心地も良かったです、(運転席しか乗ってませんが!)

 

おしまい。


ワーゲン エンジンTSI スーパーチャージャークラッチ

POSTED ON・2019年12月14日 / CATEGORY・整備

こんにちは、

整備の関根です。

今回は、修理のお話をさせて頂きます。

ワーゲンのTSIエンジン

これは、燃費の良い排気量の小さいエンジンを載せ、

パワー不足をターボ&スーパーチャージャーで補う、

イマドキのエンジン!

今回は、エンジンチェックランプが、点灯した為の入庫。

診断機でのエラーコードは、スーパーチャージャークラッチの故障でした。

現車のクラッチを確認すると、水漏れも確認できました。

 

矢印の所に、クラッチがあります。

このクラッチなぜ、水が出てくるのか?

それは、クラッチと冷却水を回しているウォーターポンプとが、

一体になっているから~

これが、クラッチ&ポンプです。

エンジンが、動いている時は、ポンプのみが動いて、スーパーチャージャー側は、

空転しています、そして、スーパーチャージャーが作動する時に、クラッチに電気か流れ

電磁クラッチがロックして、スーパーチャージャーが作動します。

 

故障の原因は、ガタツキから水がクラッチ側に回ってしまい電磁クラッチがショートし

チェックランプを点灯させたと思われます。

作業途中の写真ですが、ここまで来るのにも

いろいろと大変でして、中でも、S/Cカバーを取るのは・・・

外したパーツは軸にも、ガタツキが確認できました。

新しいパーツに交換して元に戻して完了!

文字にすると、一行ですが、

この中に沢山の作業が凝縮されてます。

作業中、いっぱい工具も使ったなぁ~

 

 

おしまい。

 

 


© Copyright © 2018 SHIMAMURA-AUTO All Rights Reserved.